中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息
  1. ウィーチャット
  2. ウェイボー

陽谷ケーブルグループ:「新旧原動力転換」の先行者に

2017/9/13 11:23:00   來源:中国山東網 2017/9/13 11:23:00

9月12日、新原動力 新発展―「開放的山東」オムニメディア取材活動は山東陽谷ケーブルグループを訪れた。   9月12日、新原動力 新発展―「開放的山東」オムニメディア取材活動は山東陽谷ケーブルグループを訪れた。同社は新旧原動力転換の要求に基づき、企業の品質向上・効率増加を促進する。中国山東網が伝えた。   30年歴史を持っている伝統的製造業の企業として、陽谷ケーブルグループは昨年で敷地面積4050ムーの陽谷ケーブル情報産業パークの整体計画を完成し、旧生産能力の削減、弱い競争力のグレードアップを通じて、「新技術」の開発、「新産業」の発展、「新業態」の起動を推進、「2回目の起業」を促す。光ファイバー·ドローベンチプロジェクト、光電気複合ケーブル、アルミ省エネ導電プロジェクトを導入した。うち、陽谷ケーブルグループと浪潮グループが共同に設立した「環境保護電線スマート製造工場」は山東省初陣知能製造パイロットプロジェクトに入選した。
取材団は山東陽谷ケーブルグループ有限公司を訪れた。   同グループの製品はケーブルから光伝送の生産ラインを整備、知能チップ技術を把握、情報システム整合した企業を目指している。聊城市、陽谷県の政府は「陽谷光情報産業パーク」などのプロジェクトを聊城市の「新旧原動力転換」のモデルに育成する。   山東省工業企業の新旧原動力転換をけん引する要求に基づき、今年6月9日、聊城電線ケーブル業界協会は聊城市で設立された。
太平洋光ファイバー工場。   紹介によると、聊城市の電線ケーブル企業は約67社あり、うち、陽谷県で45社ある。陽谷ケーブルはその協会の一員として、ブランドの価値がある。このブランドを発展させるため、聊城ケーブル工業企業の協力が必要。   現在、陽谷県では4000ムー余りの陽谷光電情報産業パークを計画し、イノベーションを活かして、同県のケーブル企業のレベルを向上させる。
陽谷ケーブルグループは供給側改革を推進。   1986年に設立されてから、陽谷ケーブルグループは技術イノベーション戦略を実行して、製品の競争力を引き上げ、ブランドのイメージを全面的に向上し、企業のコア競争力を強化し、健康的、持続できる発展を実現する。現在、同社は電線、ケーブル、光ファイバー、光電チップなどの高新技術研究と生産経営を集める企業になる。   中国山東網

関連記事を

写真

  1. About us
  2. 免責事項
  3. お問い合わせ
  4. 登録申し込み
主管者:山東省人民政府新聞弁公室
mr007